収入から水道代などの諸経費を引かれた場合の勘定科目


会社によっては美容院での水道料金などを負担させられるところがあります。この水道料金などの勘定科目について。

今月お客様のカットをして下記報酬を受け取った場合の勘定科目。

カット売上 200,000円
報酬振込額 195,000円

収入から水道代などの諸経費を引かれた場合の勘定科目

本人売上分 200,000円
水道代負担金 5,000円
差引振込額 195,000円

勘定科目 : 売上高
売上金額 : 200,000円

勘定科目 : 水道光熱費
金額 : 5,000円

売上高は水道料金を引く前の20万円になります。水道料金の勘定科目は水道光熱費です。


スポンサーリンク

関連記事

カード決済の導入コストが破格!固定費や解約手数料一切不要

美容院でカード決済を導入しようと思ったものの、カードリーダーや固定費が高くて躊躇している人はSquareがオススメ。今ならカードリーダーが無料。カード決済で顧客満足度アップを図るならこの機会にぜひ。
カード決済手数料3.25%以外は一切必要ありません。

ピックアップ記事

レディースファッション通販のPierrot(ピエロ)

スポンサーリンク

福袋情報

アマゾンで人気ブランドの福袋を予約受付中!

詳しくはAmazonへ

ページ上部へ戻る