カットをした収入の勘定科目


お客様のカットをしてカット料金の40%を受取った。個人事業主として働く美容院でカットした料金のうち、○○%部分が美容師の収入になる歩合制のところがあります。この場合のカット料金の収入の取引は次の通り。

確定申告書に記載する項目は売上高

カット料金 2,000円
うち、収入 800円

勘定科目 : 売上高
売上金額 : 800円

カット料金の売上は売上高になります。たまに美容師の中にお店から受け取る売上高を給料として申告する人がいるようですが、そのお店の社員やアルバイト・パートではなく、外注扱い(業務委託契約)であれば給料ではなく、売上高として申告しなければいけません。


スポンサーリンク

関連記事

カード決済の導入コストが破格!固定費や解約手数料一切不要

美容院でカード決済を導入しようと思ったものの、カードリーダーや固定費が高くて躊躇している人はSquareがオススメ。今ならカードリーダーが無料。カード決済で顧客満足度アップを図るならこの機会にぜひ。
カード決済手数料3.25%以外は一切必要ありません。

ピックアップ記事

スポンサーリンク

福袋情報

アマゾンで人気ブランドの福袋を予約受付中!

詳しくはAmazonへ

ページ上部へ戻る